ザイフ(ZAIF)と他取引所の比較


これから仮想通貨の取引を始めてみようと考えている方は、まず仮想通貨取引所を選ぶところから始めているはずです。
沢山の仮想通貨取引所の中でも、おすすめの取引所がザイフ(ZAIF)。
なぜザイフ(ZAIF)がおすすめ出来るのか、仮想通貨取引所の詳細から見てみましょう。

▼ 目次

ザイフ(ZAIF)の特徴

ザイフ(ZAIF)にはいくつかの特徴がありますが、他の仮想通貨取引所との比較をしやすい部分は手数料と独自のサービスです。
ザイフは、手数料が非常に安く、仮想通貨の積立も可能、さらにザイフ独自トークンも購入可能。
これらが、ザイフの特徴でしょう。
ある程度の特徴を捉えたら、運営会社についてもしっかりとリサーチを行う必要があります。
基本情報だけを紹介すると、ザイフの運営会社はテックビューロ株式会社、仮想通貨交換業者登録は第00002号です。
仮想通貨取引の初心者におすすめの仮想通貨取引所ザイフですが、その特徴を詳しく比較、紹介します。

ザイフ(ZAIF)最大の特徴は、自動積み立て機能です。
積み立ては、長期的な投資を行うことを目的としている方におすすめの方法。
この積み立ては、自身の銀行口座から毎月一定の金額を自動で引き落とし、積み立てを行うというサービスです。
自動で購入されるため、買い付けるタイミングを見極めたり、取引所での注文を管理するといった手間を省くことが出来ます。
この仮想通貨積み立て投資は、ザイフでのみ行うことが可能です。
様々な方法で投資を行うことはリスクを分散させる事になります。
一度に大きな利益を得ることは期待出来ないものの、リスクが低い点が魅力の投資方法です。

どの仮想通貨に投資しようかと悩んでいる方は、取引所で取り扱っている仮想通貨の種類も重要なポイントになりますね。
最も多くの仮想通貨を取り扱っているといわれるコインチェックでは、現在13種類の仮想通貨を取り扱っています。
この取り扱い数の多さは、コインチェックの特徴でもあるのです。
ザイフは、現在5種類の仮想通貨を取り扱っています。
ビットコインやイーサリアムといった、主要仮想通貨ですね。
仮想通貨の取り扱い数は少ないように感じられますが、ザイフでは「トークン」を扱っています。
トークンを扱う仮想通貨取引所は少ないため、仮想通貨の取引に慣れたら投資対象として検討しましょう。

取引を行う上で非常に重要となるチャートですが、確認出来る部分に差があるのです。
仮想通貨取り扱い数の多さが特徴のコインチェックは、ビットコインとイーサリアムのチャートのみを確認することが可能。
時間は、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足で確認出来ますが、1分足や週足を確認することは出来ません。
この点は、不便に感じる方も居るでしょう。
ザイフは、取り扱っている仮想通貨の全てにチャートが存在しています。
時間も、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足と十分すぎるほど用意されているのです。
チャートの確認では、不便に感じることはないでしょう。

ザイフ(ZAIF)では、仮想通貨初心者のための動画キャンペーンを行っています。
お笑いコンビ「かまいたち」による動画を公開しているため、気になる方はチェックしてみましょう。
ザイフで扱っている仮想通貨は、ビットコイン、ネム、イーサリアム、モナコイン、カウンターパーティーなど。
さらに、CounterPartyトークン、Zaifトークンがあります。
手数料は、現物取引の場合-0.01%、信用取引、AieFX取引、先物取引は0%です。
キャンペーンを行っている期間であれば、現物取引手数料が-0.05%という場合もあります。
手数料がマイナスになっている場合、取引を行うだけで0.05%利益が出るということです。

他の仮想通貨取引所と比較をした場合「取引所売買」が可能となる仮想通貨は、基本的にビットコインのみです。
その他の取引では「販売所取引」となり、販売所が仲介して仮想通貨を購入、売却するため、非常に手数料が高くなります。
しかし、ザイフでの仮想通貨取引は全て取引所売買となるため、初心者が知らない間に手数料を支払うといったトラブルを防ぐことが出来るでしょう。
手数料は、ユーザーの立場で考えられている部分であるため、取引所を選ぶ際に重要なポイントとなるのです。
その点、ザイフは他の仮想通貨取引所と比較をしても、非常に親切であるといえるでしょう。

手数料比較

一例として、手数料の一部を国内最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)と比較してみます。
現物取引手数料(ビットコイン)はザイフが先に挙げたように−0.05%〜−0.01%、ビットフライヤー(bitFlyer)が0.01%〜0.15%。
現物取引手数料(アルトコイン)はザイフ0%〜0.3%、ビットフライヤー(bitFlyer)0.20%です。
そして、スプレッド(ビットコイン)はザイフが3%前後、モナコインは5%前後、ビットフライヤー(bitFlyer)は4%前後、モナコインは15%前後。
大差はないように感じますが、大きな金額を投資する場合には重要になります。
ただし、手数料は変動するため、取引時には再度確認を行ってください。
手数料を元に、各仮想通貨取引所を比較する方も多いのです。
ビットコインの取引に関してはビットフライヤー(bitFlyer)、積立や他の仮想通貨取引所へ送金する際は手数料が低いザイフ(Zaif)などですね。

他の取引所と比較をしてデメリットとして挙げられる点は、リップル(XRP)の取り扱いがないという点です。
少々手間の掛かる方法ですが、リップルへ投資を行いたい場合には手数料が低いGMOコインでリップルを購入し、ザイフに送金しましょう。

仮想通貨取引所を比較した際に重要なポイントは、手数料だけではありません。
サイトやアプリの使いやすさも重要です。
ザイフは、仮想通貨取引初心者や、すぐにトレードを行いたいという方が使いやすいよう、非常にシンプルな取引画面になっています。
チャートには、テクニカル分析を行いやすいよう様々なツールが用意されているのです。
描画ツールは勿論ですが、チャート画面はSNSで共有可能となっています。
さらに通知サービスもあり、指定の通貨ペアが前日の高値または安値更新時、指定レート以上または以下になった時、大きな変動があった時に登録メールアドレスに内容が送信されるのです。
他の取引所と比較をしても、使い勝手が良いといえるでしょう。