ザイフ(ZAIF)の手数料はお得?

仮想通貨の取引を行う際、大きな金額を投資するのであれば重要視しなければならない手数料。
国内の仮想通貨市場では大手仮想通貨取引所として有名なザイフ(ZAIF)ですが、取引を行うのであれば、運営会社についても知っておく必要があるでしょう。

まずは、運営会社について簡単に紹介します。
仮想通貨取引所のザイフ(ZAIF)を運営しているのは、テックビューロ株式会社です。
技術力の高さに定評があり、仮想通貨取引所以外にも様々なサービスを展開しています。
テックビューロ社には、堀江貴文氏もアドバイザーとして参加をしているのです。

国内一位の通貨取引量となったザイフ(ZAIF)の取引手数料も見てみましょう。
まず、ザイフ(ZAIF)の手数料は非常に安いことが特徴です。
手数料がマイナス0.01%。
手数料が1円もかからず、仮想通貨の取引を行うことによって利益を得ることが出来るという事です。
基本的に、仮想通貨の取引については手数料が必要、もしくはビットコインなど特定の仮想通貨を利用することで無料になる場合があります。
この点で、ザイフ(ZAIF)は手数料が最もお得であると言えるでしょう。
キャンペーン中はマイナス0.01%ではなくマイナス0.05%になる場合もあるため、キャンペーンは見逃せません。

非常にお得なザイフ(ZAIF)の手数料ですが、他の仮想通貨取引所とも比較をしてみましょう。
有名な仮想通貨取引所で見て行きましょう。
まずはビットフライヤー(bitFlyer)。
国内最大の仮想通貨取引所ですね。
ビットフライヤーの手数料は、0.01%〜0.15%です。
コインチェック(coincheck)とビットバンク(bitbank)、ビットボックス(Btcbox)は、一部無料となっています。大手の仮想通貨取引所はビットフライヤーを除き、現物取引手数料を無料としているのです。
そのため、取引を行いやすい点が魅力ですね。
しかし、無料ではなくマイナス手数料であるザイフ(ZAIF)は、やはり特徴的であることが分かります。

取引を行うために必要な入金ですが、ザイフ(ZAIF)の日本円入金手数料を見てみましょう。
コンビニ入金とペイジー入金が3万円未満486円、3万円以上594円です。
銀行振込の場合は銀行によって異なります。
しかし、ザイフ(ZAIF)の提携先である住信SBIネット銀行であれば、月に15回まで振込手数料が無料です。
先々ザイフ(ZAIF)で取引を行うのであれば、ネット銀行の口座を開設することも良いでしょう。
銀行振込と比較をすると、コンビニ・ペイジー入金は手数料が高いため、銀行振込を選択することをおすすめします。